つらい外反母趾を緩和する靴|履くだけで治るスペシャル矯正シューズ

美容

症状を表す靴

脚

歩行の際につらい痛みをもたらす外反母趾は、足の重量バランスのズレによって足の形状が変形し、足の付け根の出っ張りが靴に擦れることで痛みが発生する症状です。通常の靴は、足先が細く作られているので、外反母趾による症状では擦れやすくなるものです。多くの靴に見られる先端の細い構造は、外反母趾の症状を悪化させる原因としても知られています。足先の細いヒールなどは、足の指に掛かる負担も限定的なものとなるものです。つまり、全ての足の指へ均等に重量バランスがもたらされないので、外反母趾の症状を誘発させてしまうでしょう。症状を悪化させる靴としては、逆に足よりも大きな靴なども原因となります。足よりも大きめの靴であれば、先の細い靴とは違い足の指も擦れず、バランスよく足の重量を分散させられると考える人もいることでしょう。実際には、足よりも大きい靴を履いた場合、足から脱げないように指に余計な力がかかってしまいます。特に力が強い親指では、関節に掛かる負担も大きな物となるので、外反母趾による症状が現れやすくなるのです。自分の足のサイズにあった靴を選ぶことで、つらい外反母趾の抑制することができるでしょう。

外反母趾に高い効果を持つ靴では、靴の構造として足の指が圧迫されない作りとなっています。足先にやや余裕をもたせた作りとなっているので、足の指へ効果的に重量を分散されるでしょう。さらに、外反母趾対策の靴は内部構造も柔らかい構造となっているので、歩行時の摩擦によって足を痛めにくいのです。柔らかい構造であるため、変形した足の形に靴が合わせてくれる作用も、外反母趾の負担を取り除く一因となっています。インソールの構造からも、歩行時に足の指からかかとへのラインを考え、重心の移動がし易い構造となっています。足の指先へバランスよく重量を伝えることで、外反母趾を起こさないための正しい歩行を習得することができるでしょう。